アイライナーについて

アイライナーの効能は、まぶたにラインを引くことによって目を大きく見せたり、その存在感を強くさせるものです。タイプも大きく分けて、ペンシルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプの3タイプになります。

各種類のアイライナーについての説明ですが、ペンシルタイプのアイライナーは、名前の示す通り、まるでペンのような形をしています。使う時には専用の鉛筆削りのようなもので芯を出す必要があります。書き心地が鉛筆に近いため、しわがあったり、弾力が無い肌には使いづらいとされています。

リキッドタイプは筆ペンのようなイメージをすると想像をすると分かりやすいかもしれません。インクを細い筆先につけて使用するものもありますが、もともとインクが内蔵されているものが使いやすいでしょう。

ジェルタイプは専用の筆で使います。こちらはリキッドタイプよりも線の太さに自由度が高いため、自分の思うような線が引けるという意見もあります。しかし、乾きやすいため注意が必要です。

アイライナーには、それぞれペンシルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプに分かれます。それぞれに長所や短所があるため、特性を生かして使いこなすことが、メイクアップを向上させるためのポイントとなります。